慢性疲労になりやすい現代人

スタミナドリンクにマッサージ、サプリメント・・・「疲れ」

にアプローチした商品やサービスが、テレビや雑誌、インターネットで盛んに取り上げられています。

多忙で煩雑な日々を余儀なくされている私たち現代人にとって、疲労は避けて通れない宿命のようなものなのかもしれません。

「体がだるくて、何もする気が起きない」

「気力がわかない」

「寝ても疲れが抜けない」

といった体の不調は、誰でも経験したことがあるはずです。

疲れは、激しく運動した後など体を酷使した時に起きるだけではなく、職場の人間関係や近所づきあい、家族間の関係などでストレスを感じた時にも起きることが少なくないのです。

自分では思いつかないようなことが、実は疲れの原因になっていることもあります。

肉体的にも精神的にも負荷がかかりすぎて、本来の力を発揮できていない状態が疲労で、それが半年以上続いていると「慢性疲労」

と呼ばれています。

日本人は3人に1人が慢性疲労に陥っているという調査結果もあり、私たちの生活がいかにストレスフルであるかを裏付けています。

一晩ぐっすりと眠れて、翌朝すっきりと目覚めて元気が回復しているのであれば、それは心地よい疲れといえます。

適度な運動を行った後などがこれに当たるでしょう。

けれども人間関係のストレスや深い悩みなど、精神的な疲労の場合は、一晩眠ったところで解決するものではありません。

慢性疲労の要因は肉体的な疲労と、精神的な疲労がからみあった状態で引き起こされており、どちらか一方に分類できるものではないのです。

精神的なストレスにさらされると、自律神経の働きが鈍ってきて、体のだるさや不眠など、肉体的な疲労を引き起こします。

逆に肉体的な疲労が重なると、神経系のバランスを狂わせて不調が起きることもあるのです。

慢性疲労は放っておくと万病の素となります。

病院に行くほどでないにしても、疲労具合をセルフチェックできるサイトもあります。

慢性疲労か診断してみる

日々の疲れに慣れてしまい、体からのSOSを見逃しているかもしれません。

病気を未然に防ぐためにも、ぜひ一度サイトをチェックしてみてください。